NEWSヘッダのalt

Information & School Days

第14回中学校卒業式を挙行しました

2021.3.16

中学

イベント

3月15日(月)午前10時から、むすびわざ館ホールにおいて京都産業大学附属中学校第14回卒業式が挙行され、105名の卒業生が巣立っていきました。学校長より各クラスの代表者に卒業証書が授与され、式典後にクラス担任が卒業生一人一人に授与しました。福家崇明校長は、式辞で2019年にノーベル化学賞を受賞された吉野彰先生の「無駄なことをいっぱいしないと新しいことは生まれてこない」という受賞後のスピーチの内容に触れられ、「無駄を無駄とせず幅の広い豊かな人間性を育んで欲しい」と述べられました。今年度は、新型コロナウイルスに関連した感染症対策により、例年とは違うかたちでの実施となりましたが、静謐な空気に包まれた感動的な式典となりました。

令和2年度卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます!!